カタログe-ストア掲示板NEWSSORAのご紹介ボディクレイヘナアレッポの石鹸アルガンクリーム
cocowellガスール蜜蝋のリップクリームバラ水カンホアの塩竹布キッチンスクレーパーナチュラル・ボディケア手作りコスメ

● モロッコの朝摘みバラ水 2015年もののバラ水は完売しました。2016年6月現在
2016年の新物は10月中旬以降の入荷になります。
もうしばらくお待ちください。


朝摘みバラ水 
100ml ¥1800(税別)

モロッコ・ムゴナの香り高い朝摘みのダマスカス・ローズをたっぷり使い、ゆっくりと丁寧に蒸留したハンドメイドのばら水です。優雅な香りとこくのある使い心地で肌を穏やかに引き締めながら潤いを与えます。優しい香りに包まれながら、贅沢なスキンケアタイムを。
化粧水、リフレッシュウォーターとして。目のクールダウン、手づくりコスメの基材などにも。

薔薇の成分は、皮膚には勿論、身体、精神にも効能があることが、古代から知られています。              
バラの効能:
組織と細胞の再生作用。ローションとしてすべての肌に。特に乾燥肌に。赤ちゃんにも可。メイクの仕上げに。ひげ剃り後に。髪の毛の水分補給に。目や気管支にもいい。気分転換リフレッシュ。リラックス効果。アイロンかけにも。


● ペルシアナばら水(旧・カーシャンのバラ水ばら水)
ただいま残りわずかです。 ※在庫終了後は、輸入元の都合により、当分の間、販売中止になります。(2016年6月現在)

このばら水のことは、以前、イランのヘナの情報を教えてくれたKさんから「メッカのカバー神殿のマホメットの棺を覆う布は、1年に1回、この最高のばら水で洗う」という話をを聞いて以来、ずっとあこがれていたものです。

99年にイランに調査のために行った時、町の小さなよろずやの棚にもばら水や薔薇のジャムが沢山並んでいて、薔薇の国イランを実感させられました。

カーシャンのばら、ローズダマスカスの名前の由来は約1000年前に遡ります。
無明の時代と呼ばれたヨーロッパが、アラビアの文化に目覚めたのは十字軍の遠征がきっかけでした。当時、アラビアの文化に接した人々はその吸収に夢中になり、中近東との交易も盛んになりました。
ヨーロッパという市場の登場によって需要が急速に伸びた10世紀頃には、バラの精油(香油)=エッセンシャルオイルの交易市場はシリアのダマスカスに集中するようになったので、バラの精油の抽出に最も適したバラに ローズダマスクスという名称がついたといいます。
ローズダマスクスは、その後品種改良されずに脈々と栽培が続けられてきたバラの原種のひとつです。
イランはバラの原産国であると同時に、ペルシャ時代、最初に蒸留技術を開発し、バラの精油とローズウォーターを生産した歴史と伝統ある国です。

このカーシャンのばら水は、イランの中でも、特に栽培環境のいいキャルキャス山の麓(標高2500m以上)で栽培されているバラの花を、日の出の頃に摘み取り、その日のうちに蒸留釜で蒸留した密度の高いローズウォーターです。
昔ながらのやり方で、ばらの蒸留水100%、添加物は一切入っていません。
発売当初に比べ、ばら水の密度は濃くなっています。

ペルシアナばら水 
60ml ¥1,714(税別)
ペルシアナばら水
120ml ¥2,238(税別)


オーガニックライフサポート(有)SORA
e-mail:info@organic-sora.com All copyrights reserved.
当ホームページの画像等の無断使用はご遠慮下さい。